機関紙「阪神土建」 バックナンバー


2009年6月3日付け バックナンバー

2009年6月3日新着

■関西地協

大手ゼネコン 住販メーカーと春の企業交渉

詳細についてはこちらをご覧ください(PDFファイル)

厚文部 ハイキング

■心を癒す新緑と お腹を満たす焼肉

 4月26日、能勢の妙見山クッキングセンターへ、ハイキング&バーベキューにでかけました。

 雨の中、これだけ多くの人がバーベキューを出来るのかな、と不安でした。しかし、屋根のある50人以上が入れるところで、雨は気になりませんでした。

 女性が野菜を洗ったり切ったり、男性は炭に火をつけて肉を焼く準備をしていました。みんなで協力しながらのバーベキューは、とても楽しいものでした。

 肉はぶあつくジューシーで、野菜も新鮮。とてもおいしかったです。また、行き帰りののどかな風景、初夏の新緑にも心を癒されました。

 次回もぜひ参加したいと思います。

阪神支部 田中 有紀子

■おいしい肉 親子で大満足

 当日はあいにくの雨。それでも、ずっと楽しみにしていたので、ワクワクして向かいました。

 いつもはすぐ「抱っこ」と言う3歳の子供も、がんばって歩きました。

 そして、妙見山に着いた時には、すでに野菜や肉が準備されていました。びっくりしたのが、肉のおいしいこと。上等の肉に、親子で大満足しました。

 いろいろな地区からの参加者たちで、情報交換をしたり、ワイワイ話しながらのバーベキュー。

 とても楽しい思い出になりました。

川西支部 新里瑠美子

■がんばる仲間■

みごと2位入賞 これからの活躍に期待

 3月20日〜23日に神戸国際展示場で、全国技能グランプリが行われました。畳部門には、17都道府県から25人が出場しました。

 5時間以内に畳と床ゴザを課題通りに、いかに正確に作るかを競います。兵庫県からは、予選大会で選ばれた3人が出場しました。

 尼崎支部に所属している淺木英生さんが出場し、みごと2位になりました。

 淺木さんは、「他の選手は、みんなうまく見え、ギャラリーも多くとても緊張した。これまでの練習を信じ、悔いを残さないよう、この1畳を仕上げることだけに集中した。指導・応援してくれた先生方と仲間のおかげ」と話しました。

 今後、その技術を生かした活躍が期待されます。

書記局 長沼辰也