機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2012年12月22日新着

祝「現代の名工」受章

古書画をよみがえらせる技 ほんまもんの仕事が誇り
表具師 家門 潔さん(阪神支部組合員)

 創業100周年の昨年、「大変な栄誉が重なり、ありがたいことです」と喜ぶ家門さん。卓越した技術を持つ人を表彰する「現代の名工」に選ばれ、厚生労働省から授与されました。
 高校卒業後、先代の父、猛さんに弟子入りし、ふすまの表装や古書画の修復を手掛け「技術は見て盗め」と言われ修行を積み、表具師一筋50年。「ほんまもんの仕事をしてきた誇りがある」と言います。
 丁寧な仕事ぶりが認められ、各地から古書画や掛け軸の修復依頼があります。現在、約700年前の日蓮の曼荼羅をよみがえらせる表装に取り組んでおられ、裏紙をはがし、水洗いをしてシミを抜き、微妙に厚さの違う紙や布を縦横に張り、裏打ちをする。手作業で表装し直し、納得のいく仕事ができて「作品をお客さんが喜んでくれるのが最高です」と話します。
 4代目の秀行さんと「これからもほんまもんの仕事を守り続けたい」と話され、後継者にこれからも技術が伝承されていくことでしょう。

阪神支部 松本秀明

  • 家門潔さん
  • 四代目の秀行さん(左)と伝統を守る

この道ひと筋 平成24年度 技能功労者表彰おめでとう

 平成24年度技能功労者表彰式が尼崎、西宮、伊丹、宝塚、川西、芦屋各市で行なわれ、阪神土建から17人が受賞されました。
 受賞された皆様方は、永らく同一職種に専念し、すぐれた技能をもって地域社会に貢献されました。今後も建設職人の社会的地位および技術水準の向上に、また、後継者育成についてもご協力賜りますようお願いいたします。

西宮市技能功労者表彰

 池田 清司(西宮・大工)
 石原 隆志(西宮・大工)
 伊藤 豊治(西宮・大工)
 北丸 和美(西宮・大工)
 古田日出吉(西宮・左官)
 米谷 信夫(西宮・塗装)
 ※他団体推薦
 市川 武夫(西宮・塗装)
 橋本 勝弘(西宮・電工)

  • 前列左から北丸和美さん、池田清司さん、
    伊藤豊治さん、石原隆志さん、古田日出吉さん、
    市川武夫さん、後列右から3人目、米谷信夫さん
  • 橋本勝弘さん
芦屋市技能功労者表彰

 白井拓三郎(西宮・鉄骨)
 松井 公雄(西宮・造園)

  • 右から白井拓三郎さん、松井公雄さん
伊丹市技能功労者表彰

 光明 秀雄(伊丹・鉄工)

宝塚市技能功労者表彰

 西田  均(阪神・大工)
 坊向 正二(阪神・畳工)

  • 右から坊向正二さん、西田均さん
尼崎市技能功労者表彰

 大谷 正明(尼崎・大工)

川西市技能功労者表彰

 石倉 立秀(川西・板金)
 伊藤  博(川西・家洗)
 西岡 愃高(川西・美装)

  • 右から伊藤博さん、石倉立秀さん
  • 西岡愃高さん

川西市交渉

要望実現のためねばり強く交渉

 毎年恒例の川西市との交渉を昨年11月14日、市役所7階会議室で行ないました。
 川西支部側は本部より2人、支部から7人が参加し、川西市側から室長を筆頭に課長級4人の方が応対してくれました。
 「リフォーム助成制度の創設」「公契約条例の制定」などの要望事項については、10月に要望書を提出していたので、市側の回答を求めました。
 阪神間でも昨年より西宮市で『環境などに配慮した住宅リフォーム助成モデル事業』が始まり、「地域活性化につながっている」と説明しましたが、川西市側は「他市と同じようにはできないし、予算もない」との回答でした。
 公契約条例の制定についても前進しませんでしたが、今年も引き続き、粘り強く交渉します。

川西支部長 里 見栄三

  • 交渉に臨む川西支部役員の皆さん