機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2013年3月28日新着

3・13重税反対統一行動

「より正確な記帳・申告のため組合の学習会・相談会の利用を 税対部

 昨年8月に消費税率引き上げ法案が成立し、平成26年4月には消費税率を8%、平成27年には10%に引き上げようとしています。
 消費税は低所得者ほど負担が高くなる問題のある税金です。また、長引く建設不況で下請事業者への値引き強要が慢性化しているなか、消費税を転嫁できない事業者が出てくるのは明らかです。職人の外注化が進み生活が不安定になれば日本が誇る建築技術の伝承を困難にします。
 署名運動、国会議員要請行動を通じて大衆増税反対運動を進めていきます。ご協力をお願いします。また、国税通則法の改正により税務調査の強化、記帳義務の拡大が懸念されます。
 より正確な記帳、申告をするため組合の記帳学習会、申告相談会をご利用下さい。

税対部長 淺木英生

  • 税金申告記入相談会の様子

平成24年度賃金アンケート調査結果

賃金運動を前進させ希望の光を見出そう

 阪神土建賃対部では、建設業の実態を把握・分析し、今後の取り組みの参考にするため、毎年組合員を対象にした賃金アンケートを実施しています。
 平成24年度は9月の実態をアンケートし、1621枚(事業主328、一人親方732、職人561)の回収ができました。ご協力ありがとうございました。
 この結果を活かして、賃金や労働条件の改善・社会的地位向上、後継者の育成への運動を進めていきます。
 なお、兵庫県連全体の結果は、5月に発行する兵庫県連ニュースに掲載される予定です。

イチゴ狩り「甘くて、大きい〜」

お腹いっぱい みんな満足  主婦の会

 主婦の会主催のイチゴ狩りが、2月11日の祝日、145人の参加で神戸市北区にある「ニコファームうえだ農園」で行なわれました。
 前日から心配していたお天気にも恵まれ、田中主婦の会会長のあいさつの後、農園の方の説明、注意事項を聞いてからハウスに入りました。
 真っ赤に色づいたイチゴは鈴なりで甘く、少し青いところがあってもおいしく、手当たり次第、夢中で口の中に運びお腹いっぱい食べました。
 ハウスの入口を見ると2歳位の子が、自分の手より大きなイチゴを両手に持ち、嬉しそうにニコニコ顔でした。
 30分が過ぎ、真っ赤なイチゴを持ってハウスから出てこられ方たちは、口々に「大きくて甘くておいしかったなぁ」と言っていました。
 みんなお腹いっぱい満足そうで、「来年もイチゴ狩りをしてほしい」とあちらこちらからと声が出ていたのですが、これには私も「賛成!」と思いました。

伊丹支部 武内直美

  • 「おいち〜」、大きなイチゴ両手にニコニコ

飛行機を見ながらの食事

発着のたびに盛り上がる 青年部

 2月24日、神戸空港スカイラウンジコントレイルで開催された青年部交流会に子ども3人を含む家族5人で参加しました。
 きっかけは、「神戸空港でパーティーをしませんか?飛行機が飛び交うのを見ながら!子供達も喜びますよ」という機関紙のお誘いに、思わず「いいね」即決でした。
 当日は快晴のもと、神戸空港までちょっとしたドライブ。滑走路が一望できる素敵な会場でした。しかし、肝心の飛行機は寂しく1機のみが待機中。
 その後、数機が発着し、その度に「飛行機来ました〜」と貴重な飛行機に盛り上がりました。さすがは神戸空港(笑)。
 交流会は乾杯に始まり、美味しいお料理に子ども達も大満足。さらにビンゴゲームでは驚愕の結末が…。
 4歳の次女(3番目)が1位で任天堂DSiLLを、6歳の長男が(2番目)2位で玩具を獲得しました。
 帰宅後、兄より上等なDSを手にして「貸したろか〜」。次女の人生に初めてバブルが訪れた瞬間でした。
 飛行機の離発着とともに交流会も盛り上がり、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。
 みなさんもぜひ、阪神土建のイベントに参加されてみては!バブルが訪れるかも!

尼崎支部 古川隆三

  • 飛行機来ました〜

カニ料理と温泉

のんびり 命の洗濯 厚文部

 2月3日に行なわれた厚文部の日帰りバスツアーに参加し、福井県小浜市にあるホテルせくみ屋のカニ料理を堪能しました。
 食事はカニ料理でお腹いっぱい、飲み物は飲み放題でとてもおいしく頂きました。
 食後は温泉につかり、のんびりと命の洗濯ができました。舞鶴港とれとれセンターでは、お腹いっぱいにもかかわらず、とれとれの魚のにぎり寿司を食べ、これまた満足!
 帰りのバスでは、ビンゴゲームが行なわれ、全員で楽しむことができました。

西宮支部 新福勝己

  • カニ料理を満喫