機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2013年4月24日新着

阪神土建 第61回 定期大会

困難を乗り越え諸要求の実現へ

 4月14日、伊丹シティホテルにおいて、第61回定期大会を開催しました。
 役員、代議員など108人が参加し、厳しい情勢の中、24年度を総括し、諸要求実現に向け、25年度運動方針を確認しました。
 本部ならびに各支部の定期大会が終わり、新体制のもと、新しい年度が始まります。
 昨年度は厚生労働省の指示による国保組合加入者全員の資格確認にご協力いただき、ありがとうございました。建設従事者に適した健康保険制度を守るため、今後とも適切な運営に努めます。
 昨年末の衆議院選挙で政権が代わり、低単価や若年層減少など建設業界の苦境を救うべく、設計労務単価の見直しやその他の政府の方策が報じられるようになりました。これを追い風に業界の活性化が進むよう、県連・全建総連と連携して、公契約法(条例)やリフォーム助成制度の設立を国や自治体に要求していきます。
 組合運動へのご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

執行委員長 足立 司

平成25年度新役員
新役員
執行委員長足 立   司(西宮)
副執行委員長池 口 雅 夫(伊丹)
書記長中 野 克 哉(尼崎)
書記次長大津留   求(伊丹)
財政部長竹 島   肇(伊丹)
会計監査宇都宮 千代亀(尼崎)
松 本 定 幸(阪神)
大会表彰廣瀬 智身(西宮)
年間最高拡大者渡辺 忠行(西宮)
拡大目標達成支部三田支部
  • 108人が参加した阪神土建第61定期大会
  • 力強くガンバロウ三唱
  • 足立委員長から表彰を受ける永尾三田支部長(右)

25年度 新体制がスタート

 阪神土建各支部、青年部、主婦の会は3月に定期総会を開催しました。平成24年度は消費税の増税問題や建設国保をめぐる組合員資格確認があり、私たちを取り巻く状況は依然として厳しいものがありましたが、困難な状況を打開すべく役員の皆さんに抱負を聞きました。

尼崎支部 別府支部長
別府支部長

 3月24日、第46回尼崎支部定期大会が行なわれ、25年度の運動方針や新役員体制などが承認されました。
 昨年後半から急速な円安傾向が続いていますが、真の景気回復とは望めないなか、組織としては、建設国保の組合員資格確認や後期高齢者医療制度、仕事不足と相まって、減少に歯止めがかかりません。
 今年度は支部3000人組織の復活を目指し、組合員の顔が見える宣伝活動を展開するため、支部役員、書記局が一体となり、組織増勢に向けて奮闘していきます。

西宮支部 大河原支部長
大河原支部長

 3月17日に行なわれた第57回西宮支部定期大会も無事に終わり、新しい役員体制がスタートしました。
 昨年8月から取り組んでいる建設国保の組合員資格確認。これは、国の指示により行なわれたものですが、まだ未提出の方もいるので、100%の回収を目指し、全力で取り組みます。また、地域の皆さんに私たちの仕事や技能を理解してもらう西宮支部住宅デーの開催は例年通り行なう予定です。
 様々な難しい問題がありますが、組合員皆さんのご協力を得て取り組みたいと思います。

伊丹支部 下山支部長
下山支部長

 昨年の伊丹支部定期大会で確認した方針に基づき、一年間の行事を終え、3月19日に第30回伊丹支部定期大会を迎える事ができたのは、支部組合員の皆様のご協力を頂けたお陰と思い、役員一同心より感謝しています。
 建設業をめぐる厳しい情勢の中、仲間の様々な要求を実現していくためには、組織を、さらに大きく、強くしていくことが一番確かな道であると考えます。
 組合員皆さんの協力も頂きながら一人でも多くの仲間の拡大に向け、役員一同総力をあげて取り組んでいきます。昨年に増して皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

阪神支部 木本支部長
木本支部長

 ここ数年のめまぐるしい政権交代による不安定な国政、来年4月からの消費税率引き上げ、建設国保の組合員資格確認による厳格化、償還払い制度の見直しなど、私たちを取り巻く環境は依然として厳しいものがあります。
 平成25年度を迎えるにあたり、私たちの「生活と健康を守る」ための運動を強化し、諸要求実現に向け、他支部とも連携し、役員一同がんばりますので、今年度もより一層組合活動にご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 『和は力なり』

川西支部 安楽支部長
安楽支部長

 3月18日に行われた川西支部定期大会も無事に終わり、新体制がスタートしました。今年度より支部長を務めることになった安楽和久です。
 建設労働者の担い手が減少傾向にあるなか、建設産業を上向かせるには、まず市場を回復・安定させることが大切だと考えます。
 川西支部は「一人一名声掛け運動」を基本に、組合員の皆さんが理解し、見える目標として、全員参加の活動を目指します。
 一人の力ではなく、みんなで協力し、意見を出し合い、目標を決め、活動することが大切であると考え、その中で人材育成にも力を入れていきます。

三田支部 永尾支部長
永尾支部長

 皆さまのご理解のもと、三田支部では第10回の定期大会を迎えることができました。
 長引く厳しい社会情勢のなか、来年4月からの消費税引き上げにともなう駆け込み需要が見込める時にこそ、今一度、仕事を呼び込んでいかなければならないのかもしれません。
 三田支部は本部第61回定期大会で拡大の目標達成支部として表彰を受けました。今後も組合員、主婦の会、書記局が一つとなり、力をあわせて組織拡大を目指します
 皆さまのご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

青年部 コ澤部長
コ澤部長

 昨今の建設不況の影響で、青年層の建設従事者が減少し、後継者の問題が多くささやかれています。低賃金・低単価など我々若者にとっては厳しい情勢ですが、このような状況だからこそ、若者が先頭に立ち、運動を進めていかなければならないのではないでしょうか。一人でも多くの仲間と同じ悩みや喜びを共有し「仲間の輪」を広げていきたいと考えております。
 青年部が企画するレクリエーションでは、一人でも、家族揃ってでも参加できるように考え、昨年以上に活気ある青年部を目指します。そのためにも、青年層の組合員さんのご理解ご協力が何より必要だと考えますので、よろしくお願いします。

主婦の会 田中会長
田中会長

 本部主婦の会の目的は、各支部主婦の会や全国の主婦の会との親睦や交流を図り、相互に協力し合い、共通の取り組みを企画実行することにあります。
 その共通の取り組みである後継者づくり、脱退者防止、加入者拡大につながるような行事、レクリエーションを提案し、企画段階から組織部や青年部とコミュニケーションを密にしながら進め、組合のことをもっと学習し、理解を深めるとともに拡大宣伝行動にも積極的に参加したいと思っています。
 本年度もどうぞよろしくお願いします。