機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2013年7月25更新

全建総連 全国中央総決起大会

消費税の増税を阻止し、国民が実感できる景気回復を

◆建設産業の発展が生活基盤の安定へ

 今回の中央総決起大会は7月3日、東京の日比谷野外大音楽堂と日比谷公会堂の2会場で、全国から5189人の参加で開催されました。阪神土建からは足立委員長や今川社保対部長をはじめ15人で参加しました。
 今年度も地元国会議員要請行動から全組合員参加のハガキ要請行動に全力で取り組みました。そして、中央総決起大会では、予算要求をはじめ、賃金単価引き上げ、ダンピング受注排除や消費税増税反対、更には確実な景気回復と経済対策の実施で、国民が実感できる景気回復と仕事の確保を訴えました。
 建設業界も高齢化の波と若年層の入職率の低下が問題となっている中、今何よりも若者が一生の仕事として誇りを持てて、生活の基盤として安定が得られる建設産業へ発展することが望まれます。
 大会後は東京駅までデモ行進を行ないました。デモ行進では託された阪神土建の願いを込めて、力強く行進してきました。
 今回の決起大会も阪神土建の仲間15人は全力で参加し、全国の仲間とともに同一決意と団結力でがんばってきました。各支部の班長さんで、まだ参加されていない皆さんも組合の活動に一度は参加してみませんか。新しい発見や出会いが待っていることでしょう。

副執行委員長 池口雅夫


◆初めて参加した書記局員の感想です。

 私が組合で働き始めた頃、「数は力」という言葉を何度か耳にしました。その時はあまりピンとこなかったのですが、今回の総決起大会に参加させていただき、あらためて「数は力」という言葉を実感しました。全国から集まり、旗を掲げ、声を出す姿に、ただただ圧倒されました。
 この声が国会議員の方々に届き、建設業界全体が活気づいて、少しでも景気が回復してくれることを願いながら東京駅までデモ行進しました。

西宮支部書記局 勝部裕子


 集会では来賓の国会議員の方々から、力強い激励があり、満場一致の拍手が起こりました。
 諸要求実現に向け、仲間の団結力を結集させ、奮闘していくことを誓い、大会決議を確認後、シュプレヒコールをしながら東京駅までデモ行進しました。
 私は初めて決起大会に参加しましたが、圧倒的な仲間の数を体感し、予算を獲得して建設国保を守ろうとの意気込みが伝わってきました。
 組合員一人ひとりが熱意を持って運動に取り組めば、必ず目標を達成することができると感じた大会でした。

三田支部書記局 中村玲子

  • 全建総連総決起大会5000人を超える仲間が全国から結集
  • 全建総連総決起大会諸要求実現に向けガンバロウ
  • 全建総連総決起大会県連旗を持つ今川社保対部長
  • 全建総連総決起大会阪神土建から15人参加

組織拡大行動「雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ」

建設職人に組合をアピール
西宮支部 主婦の会

 西宮支部主婦の会は、5月15日から6月26日までの期間中に7回、朝8時30分からコーナンプロ西宮今津店で拡大行動に取り組みました。
 建設職人と思われる人を目当てに、組合の内容を簡単に説明し、組合独自のクリアファイル、ティッシュ、ボールペンを配りました。特にクリアファイルは人気があり、皆さん快く受け取ってくれました。
 最終日の6月26日は、横なぐりの雨の日だったので、職人さんが少なかったのですが、それでも一人ひとりに資料を説明して手渡しました。

西宮支部 山中幸子

  • 西宮主婦の会 拡大行動皆さん快く受け取ってくれました

フットサルをきっかけに仲間のつながり広げよう

尼崎支部 青年部

 本部青年部でフットサル大会に参加した事がきっかけで、尼崎支部青年部ではフットサルを今年の3月から始めました。
 毎月1回程度、8人から10人程度で楽しく練習をしています。少しずつ上達するにつれて、自分達がどれくらい上達したかを試合で試したくなるほど、フットサルにのめり込んでいました。
 春に神戸土建青年部の皆さんから「交流試合をしませんか」とお誘いを受け、意気込んで試合に臨みましたが、結果は一度も勝てず、改めてフットサルの難しさを痛感したと同時に、試合に勝つという目標ができました。
 6月には初めてフットサル大会に参加しました。初勝利に向け気合十分でしたが、結果は…1点も奪えず全敗でした。思うような結果ではなかったのですが、大会はすごく楽しかったです。
 今後も尼崎支部青年部では、フットサルを続けていき、フットサルを通して組合員さんとの繋がりを広げていきたいと思います。たくさんの青年層の参加をお待ちしております。興味のある方は、ぜひお問い合わせ下さい。


参加者の声

◆赤池裕介さん

赤池さん  一人では運動しようとは思わなくなるので、仲間が集まって楽しく続けています。
 30代に入ると運動不足にもなりがちです。そのような方々はたくさんおられると思いますので、ぜひ青年層の皆さんご参加下さい。興味のある方はお問い合わせを。

◆金阪雅岐さん

金阪さん フットサルを始めて、まだ3ヶ月ほどなのですが、なかなかむずかしくて上達していません。
 しかし、仲間のみんなと楽しくフットサルができているので、青年層の仲間の皆さんも一緒にプレーしてみませんか。

  • 尼崎支部 フットサル
  • 尼崎支部 フットサル

目指せ!チーム初勝利