機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2014年10月06日更新

各地で開催 第37回 住宅デー

地域の一員として交流 子ども達にはものづくりのすばらしさを

 今年も各支部地域で住宅デーを開催。7月から9月にかけて、西宮支部(7月20日)、阪神支部(8月20日)、尼崎支部と三田支部(いずれも8月24日)、伊丹支部(9月7日)が取り組みました。
 地域によっては自治会にも協力支援していただき、地元の皆さんに私たちの仕事や技能、存在を知ってもらう良い機会となりました。


尼崎支部
  • 畳作りに挑戦
  • トンカチにぎって
  • 上手にできるかな?

西宮支部
  • しわにならないように
  • ふわふわでJumping
  • おいしいよ〜♪

伊丹支部
  • 暑い中ご苦労様です
  • 私にもできるよ

三田支部
  • 職人さんありがとう
  • ねらいを定めて

阪神支部
  • 木工教室は大人気
  • のこぎりギコギコ

組織活動者会議・拡大出陣式

仲間が増えればつながりも広がる
組織部

 8月31日、西宮市勤労会館で、平成26年度組織活動者会議・拡大出陣式を開催しました。
 今年度の講師には東京土建一般労働組合から松井民人書記次長を迎え、組合の役割、意義や後継者対策などを講演して頂きました。最後はガンバロウ三唱を行ない、拡大月間の成功を誓い合いました。

「心粋」を持って最後を締めくくる

 冒頭、足立執行委員長、下山組織部長のあいさつがあり、その後、東京土建一般労働組合の松井民人書記次長による「建設労働組合の発展と後継者対策」について聞きました。
 まず「建設労働組合は何のためにあるのか」では、戦前は「大工には家を貸さない、左官屋には嫁にやらない」が世間の常識で、さらに「ケガと弁当は手前持ち」、現場でケガをしても当人の不注意で片付けられていた時代でした。そんな境遇を打破すべく建設従事者の社会的地位向上を柱に、様々な要求が積み重なって組合が発展してきたと語ってくれました。
 また、松井さんはPTAなど地域の役員を務めた自身の経験から、より多くの視点を持った行動の大切さを話し、締めくくりには「拡大行動は個々で行なうのではなく、仲間とともに行なうこと」と激励いただきました。
 松井書記次長は、とても気さくな人で、質問にも笑いを交えながら答えてくれたので、楽しい組織活動者会議となりました。
 この日の最後は私のガンバロウ三唱で締めくくりました。たくさんの人たちの前で緊張しましたが「心粋」を持ってやりました。

青年部長 金阪雅岐

  • ガンバロウ三唱で拡大月間の成功を誓う
  • 松井書記次長の講演
  • 「心粋」2014 Version 金阪青年部長

仲間と交流 笑顔のひと時

尼崎支部

 「わっはっは」家族、友達と笑顔になれたひと時。
 7月27日、尼崎の都ホテルニューアルカイックビアガーデンで行なわれた交流会に參加しました。
 美味しい料理とビールとともに、参加者の皆さんと楽しい時間を過ごせました。
 企画してくれた尼崎支部役員の皆さん、ありがとうございました。次回も期待していますよ。

尼崎支部 青川正貴

142人が参加

仲間との出会い イベント参加も楽しい

 組合に入って20年余り。加入した頃は、建設国保も病院の治療費がいらない10割給付の時代でした。
 ただそれだけのために入ったのですが、年数が経つにつれて支部の行事に参加するようになり、バス旅行、いちご狩り、年末の餅つきなど楽しく参加させてもらいました。
 また、役員の皆さんはいい人ばかりで、いつの頃からか組合の手伝いが少しでもできればと思うようになりました。そんな時、役員の話があり、どこまでできるか分かりませんでしたが、今年度から協力させてもらうことになりました。
 組合に入って良かったことは、いろいろな人と出会い、イベントに参加した時々が楽しく過ごせたことです。
 皆さんも組合の行事に參加してみませんか。楽しいと思いますよ。

三田支部 島本一夫

  • 島本一夫さん

楽しい時間はあっという間 今後もすばらしい企画を期待

8月に2つのイベントを開催
厚文委員会

ディズニー・オン・アイス
ダイナミックな演技 夢心地で魔法の世界へ

 8月18日、とても楽しみにしていたディズニー・オン・アイスに行きました。
 私の日頃の行ないが悪いのか、台風11号が近畿地方を直撃し、大変な思いをしながらやっと会場にたどり着きました。
 しかし、会場はこの悪路の中でどのように来られたのかと思うほど、たくさんの人でにぎわっていました。
 世界トップクラスのスケーターによる華麗でダイナミックな演技、壮大なスケールの舞台セット、ディズニーのストーリーとともに夢に満ちた魔法の世界へと入っていきました。
 クライマックスはラプンツェルが空を舞う大迫力の空中演技に思わず歓声を上げました。
 あっという間に夢の時間は終わり、会場を出ると台風は過ぎ去ったようで、来るときの天気はウソのように晴れ間が見えていました。
 来年は「アナと雪の女王」の出演が決まっているようなので、ぜひまた観に行きたいです。

伊丹支部 岡本康弘

  • 鑑賞前には交流会開催

なにわ探検クルーズ
小粋な割烹弁当と大阪の町並みを満喫

 8月22日、「落語家と行く、なにわ探検クルーズ」に嫁さんと參加しました。
 雨の多い8月でしたが、この日は私のお陰で?(笑)天候にも恵まれ、快適クルーズ日和でした。
 平日とあって参加者は少なく感じましたが、落語家さんの楽しいしゃべりもあり、終始みんなで盛り上がりました。
 ちょっと小粋な割烹のお弁当と飲み放題のジュースを頂きながら、普段は見ることのできない川から眺める大阪の町並みを思う存分満喫しました。
 同じ大阪の川でも水位の違いがあり、水門に挟まれたプールのような中で、水位の調整をするパナマ運河のような体験もできました。
 今回も色々なお楽しみポイントが盛り込まれた、とても良い企画だったと思います。こんな素晴らしい企画を開催してくださる厚文委員会の皆さんには、頭がさがる思いですが、これからももっと喜ばせてくれるイベントを期待しております。
 探検クルーズが終わった後も嫁さんと久しぶりの難波をブラブラして、丸一日楽しい時間を過ごせました。
 開催地が難波だったのもgoodチョイスでしたね。

西宮支部 尾野仁彦

  • 桂歌之助さんの軽妙な大阪案内

小川万起子さん(西宮)、西宮市展で西宮市教育委員会賞を受賞

 西宮支部の小川善博さん(設計)の奥様である万起子さんが、第64回西宮市展のデザイン部門で西宮市教育委員会賞を受賞されました。
 普段は善博さんの設計した建物の模型作りに携わっている万起子さん。アート作品の制作活動は特別していなかったようですが、今回、模型材料を使って自分の想いを形にし、西宮市展への出展となりました。

  • 小川万起子さんの作品「あの道このみちそのミチ」