機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2015年02月05日更新

よしもと観劇&交流会

生「すち子」に大喜び!! たくさん笑った素敵な1日
厚文委員会

 1月11日、厚文委員会企画のなんばグランド花月&組合員交流会に参加しました。久々の電車移動に四苦八苦しながらも、無事食事会場に辿り着きました。
 交流会は、豚まんでお馴染みの551の中華レストラン「蓬莱パンチャン551」です。リーズナブルでとっても美味でした♪久しぶりにお会いした組合の皆様と美味しく、楽しく頂きました。
 食事を終えて、いざなんばグランド花月へ!子どもたちは「ここに本物がいるの!?」と大喜びでした。
 新喜劇が始まり、私も生で「すち子」を見ることができて大喜び。
 帰りも「面白かったね」と盛り上がったのですが、息子の「すち子、本当はオトコやったで」の一言には苦笑いでした。
 たくさん笑って美味しい物を食べて、素敵な1日を過ごす事ができました。
 次回も楽しみにしています!ありがとうございました。

三田支部 井上靖子

  • 86人が楽しく交流

署名活動は難しい

寒く歩行者少なく苦戦
青年部

 昨年の12月7日、三ノ宮駅前で阪神土建・甲南土建・神戸土建の合同で、関西建設アスベスト訴訟(京都・大阪地裁)の署名活動を行ない、阪神土建から5人が参加しました。
 11時から署名活動スタート。さすがに三宮とはいえ、寒くて歩行者もまばらで…苦戦しました。
 何度か署名活動には参加していますが、やっぱり署名活動って難しいです。なかなか簡単には署名してくれません。
 確かに街中で署名活動をしている方たちを見かけても、私自身も署名に協力した事がありませんでした。
 途中から初体験となる弁士をさせて頂きました。拡声器を持ち、アスベスト災害の歴史などについて、道行く人に演説しました。
 署名活動や弁士をしていると、アスベスト裁判の支援を「みんなでがんばろうー!」という気持ちになりますね。
 苦戦していた署名活動も、一緒に参加した、我らがホープ川西支部の原君の周りには人が集まりだし、ビックリしました。
 何か署名してもらう秘策を考えて、次回の署名活動をがんばりたいと思います。
 この日は、阪神・甲南・神戸全体で、85筆の署名とチラシ配布が400枚という結果でした。

青年部副部長 尾野仁彦

  • 寒空に苦戦

国保組合の育成強化

国保組合への補助
現行水準は確保の見通し

 1月14日、2015年度政府予算案が閣議決定され、国保組合に対する補助金は総額で3千5億2千万円となりました(前年度比55億1千万円減)。
 被保険者数が2・17%減少の287万8千人になっていることで総額が減少していますが、補助金の算出基準である一人あたりの医療費については、前年度実績を踏まえつつ、自然増を含む医療費の伸びを0・85%増(前年1652円増)と見込まれているので、現行補助水準は確保の見通しと言えます。
 私たち阪神土建は建設国保を守る運動として、全国の仲間とともに夏と冬にハガキ要請行動に取り組みました。さらに、昨年11月には地元選出国会議員である大串正樹衆議院議員、山田賢治衆議院議員(いずれも自民党)、中野洋昌衆議院議員(公明党)、室井邦彦参議院議員(維新の党)へも要請行動を展開しました。
 こうした行動の結果、建設国保に対する補助金を確保することができました。
 引き続きご協力をお願します。

平成26年分の確定申告始まる

記帳はしっかり適正に

 確定申告の時期がやってまいりました。
 昨年1月から所得金額の合計が300万円以下の事業所得者も含めた全事業所得者に「記帳」と「記録保存」が義務付けられています。
 記帳とは、売上や仕入、経費について、取引の年月日や金額を帳簿に記入しておく事です。○月○日に売り上げが××円あったとか、◯月○日に光熱費として××円支払ったとかを書いておくことです。事業に関する取引は、基本的にすべて記帳するよう心がけましょう。なお、白色申告の場合は、1つひとつの取引ごとではなく日々の合計金額をまとめて記入する簡単な方法で記載してもよいことになっています。
 記録保存については、売上帳、仕入帳、経費帳などの収入や必要経費を記載した帳簿は7年。それ以外の現金出納帳、預金出納帳、固定資産台帳といった帳簿、決算に関連して作成した棚卸表、貸借対照表、金種表などの書類、受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類は5年の保存が必要です。

消費税にご注意を

 平成26年4月から消費税が5%から8%に引き上げられました。
 よって、平成26年分の取引には消費税5%と8%の税率が混在するので、それぞれの税率で計算し、合算した金額を記入する必要があります。消費税の支払い義務のある人は、売上、仕入、外注費など、帳面ではあらかじめ5%と8%に分けて、間違いのないように整理しましょう。

関西アスベスト大阪訴訟

証交換学習会で支援訴え
原告団からお礼状が届く

川西市交渉

前向きな回答なし 引き続き要求する
川西支部

 昨年12月22日、川西市交渉を行ない、川西支部から5人が参加しました。
 建設産業の不況打開、建設労働者・職人の育成や発展を目的とし、自治体に対し、小規模工事などの登録制度の創設、リフォーム助成制度の創設及び賃金確保や、労働条件改善に向けた取り組み、さらに公契約条例の制度など要望しました。
 内容を理解して頂いたにも関わらず、前向きな回答は得られませんでした。
 私たち役員は今回の交渉をスタートの第一歩として、引き続き建設労働者・職人の代表として要求します。

川西支部長 安楽和久

  • 要望する川西支部役員(右)

きねでもちをついたらお米がおいしいおもちに

三田支部

 今日わたしは、おもちつきをした。おもちをつくとき、はじめて一人できねをもっておもちをつけました。たのしかったです。つぎおもちをつくとき一人でやりたいです。
 おもちを自分でちぎったり、おもちを3〜4かいつきました。きなこもちばっかり食べて6〜7こ食べました。おいしくてついつい、いっぱい食べました。
 いつもみるもちは、ふわふわで、もちもちです。でもいちばんさいしょはもち米です。それから、きねでもち米をついて、それから、みんながしっているもちになってくるのです。つきたてのおもちは、やわらかくてとてもおいしかったです。来年もまた、いきたいとおもいました。

三田支部 前原純愛

(昨年12月21日実施)

  • たのしかったおもちつき

健康は自己責任と認識を持ちまだまだ元気でパワフルに

三田支部

 昨年11月30日、三田支部の健康教室に主人と参加しました。骨密度と血管年齢の検査を受けてから、スライドでの説明会です。
 4年程前に椅子から転倒しただけなのに、圧迫骨折で1ヶ月も入院したので、骨粗しょう症には気をつけていたのですが、年齢相応の結果でした。
 参加者のほとんどが、実年齢より血管年齢の方が10歳以上も上で、ちょっと気にされていました。
 血管もコレステロール等が溜まると、細くなって弾力もなくなり、硬くなると脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化につながります。
 予防は、脂肪をひかえ、野菜を取るバランスの良い食生活を送ること。喫煙、飲酒をひかえて、ウォーキング等などの運動をすること。
 長寿社会の昨今、自分の身体は自己責任との認識をもって、仕事に余暇に、まだまだ元気でパワフルに動きたいと思います。
 昨年の支部ハイキング等いろいろと企画を考えて下さり有難うございます。次回も楽しみにしています。

三田支部 丹羽靜江