機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2015年05月28日更新

第86回統一メーデー西宮集会

多くの仲間と団結し労働者の現状を訴える

 今年も世界各国で取り組まれ、「8時間は労働に、8時間は眠りに、そして残る8時間は我らの自由に」と訴えた米国労働者の闘いに源流を持つメーデー。
 残業代ゼロ制度の導入を柱とする労働基準法改正案が4月に閣議決定され、働くルールが破壊されそうななか、西宮集会でも働くことの尊厳を守ろうと参加者全員で誓い合いました。

 5月1日、西宮市の六湛寺公園で第86回統一メーデーが行なわれました。阪神土建からは219人が参加しました。
 今回、初めてメーデーに参加しました。前職が今とはまったく違う仕事だったので、メーデーがどういったものなのか正直想像もつきませんでしたが、人の多さに驚きました。
 会場の中は非常に賑やかで、西宮さくらんぼ合唱団による太鼓の演奏も行なわれ、お祭りみたいな雰囲気でした。
 プラカードコンクールの立体の部では私たち青年部の作品も出展し、第三席を受賞しました。メーデーの1週間位前から仕事が終われば組合に集まり、みんなで第一席を狙って作成していたので悔しいですが、来年こそは絶対第一席を取りたいと思いました。
 同じく平面の部では、主婦の会が出展し、特別審査員賞を受けました。他の作品では流行りの芸人さんを使ったユニークな作品やかわいいキャラクターを使って、今の労働者の現状を訴えていました。
 集会後は、シュプレヒコールをあげながらJR西宮駅まで行進しました。
 最低賃金の引き上げや労働環境の改善、集団的自衛権の行使反対など、普段思っていてもなかなか意思表示できません。このメーデーでは仲間と団結し、数の意思表示ができるので、メーデーの役割は非常に大切だと感じました。

書記局 吉田芳郎

  • 立体の部で第三席獲得!
    表彰を待つ尾野青年部長と金阪さん(右)
  • 平面の部で主婦の会も受賞

毎年恒例のイチゴ狩り

4月19日に開催
三田支部

 いちごは非常に大きく甘かったので、参加者皆さんでおいしく頂きました。
 その日は天候に恵まれず、足元が少しぬかるんでいて歩きにくかったので、歩道全面に木の板があればいいなと感じました。
 参加した方たちが、みんな笑顔でよかったと思います。またこのような企画があれば、ぜひ参加したいです。

三田支部 石田貴美子

  • 甘くて大きいイチゴでみんな笑顔に

私は阪神土建の○○です!!よろしくお願いいたします!!

専門部新体制スタート

一年間このメンバーで頑張ります!


委員長
足立 司

今期の目標
建設アスベスト訴訟絶対勝利!


副委員長(厚文委員長)
永尾 博

抱負
組合員やそのご家族が充実した日々を送れるように


財政部長(教宣委員長)
竹島 肇

今期の目標
組合活動の支えは財政
安定運営を目指す!


社会保障対策部長
今川 修二

抱負
一年に一度の健診で、健康維持に努めましょう


賃金対策部長
島垣 登

今期の目標
今こそ、賃金・単価の引上げを!


組織部長
下山 進

今期の目標
組織拡大にさらなる前進を!


住宅技術対策部長
大谷 正明

今期の目標
住宅デーの充実とリフォーム助成制度の拡充を!


税金対策部長
廣瀬 智身

抱負
自主記帳、自主計算で適正申告を!


春の拡大月間ラストスパート

青年層に拡大電話行動 クラブオフをメリットに 組織部

 4月から始まった春の拡大月間もこの6月で終了します。昨年4月から今年3月までの1年間で実増した月が7ヶ月あり、なかでも今年の1月から3月までは連続して実増となりました。
 その余勢を駆って臨んだ春の拡大月間ですが、各支部とも目標達成に向け、日々がんばっています。
 尼崎支部では、5月の平日夜間、35歳以下の組合員を対象に7回拡大電話行動に取り組み、「阪神土建クラブオフ」の利用を伝え、未加入者の紹介をお願いしました。
 西宮支部では5月から工務店等現場まわり訪問行動とコーナンプロ今津店での早朝チラシ配布行動に取り組みます。
 仲間を増やすことは私たちの諸要求を国や地方自治体に訴えるためには必要不可欠です。ほとんどの新加入者は仲間からの紹介で組合に加入しています。組合員一人ひとりが未加入者を紹介できるようともにがんばりましょう。