阪神土建労働組合

TEL:0798-35-8278
FAX:0798-36-8087

文字サイズ

阪神土建労働組合とは?

私たち阪神土建労働組合は、建設職人の豊かな暮らしと安定した生活を応援します。
阪神土建労働組合は、建設産業で働く人なら、誰でも入れる組合で、約7千5百名の仲間が集まった阪神間最大の労働組合です。全国建設労働組合総連合(全建総連)62万名の仲間と共に団結し、社会保障・税金対策・賃金問題など、国との交渉を含め、様々な活動に取り組んでいます。
img01

概要

名称 阪神土建労働組合
代表者 執行委員長  足立 司
所在地 兵庫県西宮市津門仁辺町4-28
TEL 0798-35-8278
FAX 0798-36-8087
支部 6支部(西宮尼崎伊丹阪神川西三田

専門部のご紹介

阪神土建労働組合7つの専門部

社会保障対策部

集団健診・職業病対策や、年配組合員への学習会を開催しています。

税金対策部

税金学習会や所得税・消費税申告書記入相談会を 行っています。

賃金対策部

大手ゼネコン・住販メーカーとの交渉や賃金引き上げ 啓発活動などに取り組んでいます。

住宅技術対策部

職人の姿をアピールする、地域密着イベント「住宅デー」 や、資格取得をサポートしています。

組織対策部

組織拡大の組合宣伝や組織維持の内部宣伝 を担当してます。

教育宣伝委員会

組合の活動や、お得な情報を伝える機関誌を発行しています。

厚生文化委員会

組合員の交流を図るためのレクリエーションの企画・ 運営をしています。

あゆみ

1955年
6月1日
阪神間の職人・労働者385名の結集により、阪神土建労働組合が設立。(設立時は西宮・芦屋・宝塚の3支部)
初代執行委員長に高橋寅吉就任。
1956年 県内の阪神・甲南・神戸・兵庫の組合による運動統一についての話し合いが進み、兵庫県建設労働組合連合会(兵庫県連)が発足。会員数2500名。
1960年 土建総連・全建労・東建産の3組織が大同団結し、全国建設労働組合総連合(全建総連)が結成。
1965年 念願の組合事務所が完成。活動拠点となる。組織人員1000名突破。
1969年 西宮支部から独立し、尼崎支部を結成。(組合員約300名)
1970年 兵庫県建設国保組合を設立。
1972年 阪神土建労働保険事務組合を設立。
1978年 第1回住宅デー
1984年 西宮支部伊丹分会から独立し、伊丹支部を設立。(組合員約200名)
1990年 組織人員5000名突破。
阪神土建労働組合のシンボルマークが決まる。
1994年 伊丹支部から分かれ、川西支部を設立。
1995年 阪神・淡路大震災。組合員12名、家族22名亡くなる。全半壊1900棟を越す。
1996年 組織人員1万名突破。
1997年 宝塚支部が阪神支部へ名称変更。
新本部会館完成。
2004年 阪神支部三田事務所から独立し、三田支部を設立。
ブログバナー
労働保険一括有期事業開始届バナー
国民年金基金バナー
フェイスブックバナー
阪神土建クラブオフバナー
職人さん.comバナー